ifwEVENTCALENDAR

イラストレーションファイルWeb 展覧会情報

デビュー50周年記念 「萩尾望都 ポーの一族展」(東京・銀座)

萩尾望都さんの代表作「ポーの一族」は、バンパネラ(吸血鬼)となって永遠に少年の姿のまま生きていく運命の主人公・エドガーが、妹のメリーベルや友人アランとともに時空を超えて旅を続ける哀しみを描いた物語。
1972年に発表されて以来、多くの読者を魅了し、長年にわたって読み継がれてきました。2016年、40年ぶりのシリーズ新作となる「春の夢」の連載が始まったときには、入手困難となった初回の掲載誌に異例の重版がかかるなど、大反響を巻き起こしたほどです。
同展は、萩尾さんのデビュー50周年を記念し、「ポーの一族」を中心に「トーマの心臓」ほか数々の名作を紹介する原画展です。「ポーの一族」シリーズの新作や同展のための描き下ろしを含む原画、予告カットなど200点以上を展示するほか、スケッチブックや執筆風景も公開します。
また、宝塚歌劇のコーナーでは、2018年の花組の『ポーの一族』から衣装や小道具を展示、夢のステージを再現します。
他分野にも多大な影響を及ぼした「萩尾望都の世界」の魅力に迫る展覧会をお楽しみいただきます。
(上画像:展覧会メインビジュアル ©萩尾望都/小学館)
 
萩尾望都|はぎお もと
1949年 福岡県生まれ。1969年 「ルルとミミ」でデビュー。
1972年 「ポーの一族」シリーズ連載開始。1976年 小学館漫画賞、2006年 日本SF大賞、2016年 朝日賞ほか受賞多数。2012年 紫綬褒章受章。
代表作に「トーマの心臓」「11人いる!」「残酷な神が支配する」「バルバラ異界」など。
※紫綬褒章は少女マンガ家として初めての受章。
※朝日賞は「漫画表現の革新と長年にわたる創作活動」の業績に対して。漫画家としては、手塚治虫、水木しげるに続く3人目の受賞者。
 
【デビュー50周年記念 「萩尾望都 ポーの一族展」】
会場:松屋銀座8階イベントスクエア
会期:2019年7月25日(木)〜8月6日(火) 会期中無休
時間:10:00〜20:00(入場は閉場の30分前まで)
   7月26日(日)は20:30まで。7月28日(日)、8月4日(日)は19:30まで。
   最終日(8月6日)は17:00閉場。
入場料:一般 1,000(700)円/高校生 700(500)円
    中学生 500(400)円/小学生 300(300)円
    ※()内は前売り料金
前売り:ヤフーパスマーケット、ローソンチケット(Lコード32100)、セブンイレブンにて7月24日(水)まで販売。
主催:朝日新聞社
総監修:萩尾望都
特別協力:小学館
協力:宝塚歌劇団、秋田書店、講談社、集英社、新書館、白泉社
問合せ:松屋銀座 03-3567-1211(大代表)

share

松屋銀座

住所:
〒104-8130
東京都中央区銀座3-6-1

●東京メトロ銀座線、丸ノ内線、日比谷線
「銀座駅」A12番出口直結
●東京メトロ有楽町線「銀座一丁目駅」
9番出口より徒歩3分
●都営地下鉄浅草線「東銀座駅」
A8番出口より徒歩3分
●JR「有楽町駅」より徒歩8分