ifwEVENTCALENDAR

イラストレーションファイルWeb 展覧会情報

tupera tuperaのかおてん.(東京・立川)

「tupera tuperaのかおてん.」ロゴマーク

 

オープニングを飾る1回目の企画展は、さまざまな絵本賞を受賞し、人気のクリエイティブ・ユニットtupera tupera(ツペラ ツペラ)が「顔」をテーマにした展覧会を開催します。

人間のもっとも個性的なパーツ「顔」は、tupera tuperaにとって、ブレイク作となった絵本『かおノート』をはじめ、アイディアとユーモアの源泉です。本展は、『かおノート』『こわめっこしましょ』など「顔」をテーマにした人気の絵本原画を紹介するほか、映像作品「かおつくリズム」、さらに謎の「床田愉男(ゆかだゆかお)」との顔遊び。また2メートルの大きな顔が並ぶ新作「かお10(テン)」など、平面・映像・立体とさまざまな表現の新作を多数展示します。一方来場者には「かおシール」で変身し、「かおてん.」の一部となって鑑賞するなど、来場者どうしが楽しむ仕掛けを用意しています。さらに、自宅でも引き続き展示の余韻を楽しめるかおみやげ付きです。大人から子どもまで、ゲラゲラ、ドッキリ、ワクワクが続く楽しい世界へと誘います。 なお、本展開催にあわせ、併設するPLAY! SHOP、PLAY! CAFEでも、顔にちなんだオリジナルグッズやメニューをご用意します。

※新型コロナ対策の一環で、一部の体験型の作品は、当面の間、見て楽しむだけとなります。

『かおノート』(コクヨ) ※tupera tupera の代表作品

 

●展示構成

1.『かおノート』『あかちゃん』『こわめっこしましょ』など人気絵本の原画

2. 2メートルの顔がずらりと並ぶ「かお10(テン)」(撮影:阿部高之)

3. 新作映像作品「かおつくリズム」(制作:CEKAI)

4. 立体的な顔のインスタレーション「かおカオス」(協力:武蔵野美術大学油絵学科版画専攻)

5. 大きな顔の「床田愉男(ゆかだゆかお)」(アイテム製作:Atelier Inadome)

ビジュアル・空間デザイン:minna

「床田愉男」原画 © tupera tupera

 

●PLAY! MUSEUMならではの楽しみ

*来場者全員が「かおシール」をつけて出発。来場者が展示作品の一部に

*家で顔遊びができるおみやげ付き

「かおシール」 © tupera tupera

 

●プロフィール:tupera tupera(ツペラツペラ)

亀山達矢と中川敦子によるユニット。絵本やイラストレーションをはじめ、工作、ワークショップ、アートディレクションなど、様々な分野で幅広く活動している。著書に『かおノート』(コクヨ)『やさいさん』(学研教育出版)『いろいろバス』(大日本図書)『うんこしりとり』(白泉社)など多数。海外でも様々な国で翻訳出版されている。NHK Eテレの工作番組「ノージーのひらめき工房」のアートディレクションも担当。絵本『しろくまのパンツ』(ブロンズ新社)で第18回日本絵本賞読者賞、Prix Du Livre Jeunesse Marseille 2014( マルセイユ 子どもの本大賞 2014 )グランプリ、『パンダ銭湯』(絵本館)で第3回街の本屋が選んだ絵本大賞グランプリ、『わくせいキャベジ動物図鑑』(アリス館)で第23回日本絵本賞大賞を受賞。2019年に第1回やなせたかし文化賞大賞を受賞。京都造形芸術大学こども芸術学科客員教授。

tupera tupera

 

【tupera tuperaのかおてん.】

会場:PLAY! MUSEUM

会期:2020年6月10日(水)~12月29日(火)

時間:午前9時~午後6時(入館は午後5時30分まで)

会期中無休(展示の入替、年末年始をのぞく)

入館料:一般 1,500円、大学生 1,000円、高校生 800円、中・小学生 500円未就学児無料
※障害者手帳をご提示の方とその介添人1名は半額
※「企画展」「常設展」の2つの展覧会を観覧できます
※特典つき(「かおてん.」開催中はかおシール、おみやげ)
※会場内はすべて写真・動画撮影可

ホームページ

■お問い合わせ:042-518-9625

 

share

PLAY!

住所:
〒190-0014
東京都立川市緑町3-1 GREEN SPRINGS内 W3
アクセス:
R立川駅北口・多摩モノレール立川北駅北口より徒歩約5分
JR立川駅までのアクセス 中央線(中央特快・青梅特快)新宿駅から25分、東京駅から39分 全席指定のJR中央線特急で新宿駅から23分