作品一覧

イラストレーター検索サイト,イラストレーションの”いま”を探す,仕事で使える”お気に入り機能”

石橋富士子・プロフィール

・・・・・・・・・・・・・・・・

1958年横浜生まれ。

編集プロダクション勤務。
幼児教育者向けの雑誌(ピコロ)の創刊から60号まで製作。
1990年からイラストレーター。
1990年~2000年まで東京、NYなどを中心に個展。

イラスト+文章の仕事も得意。
和の暮らしのことに触れたイラストエッセイ「和のある暮らし」連載中(大修館/家庭科通信)
イラストの雰囲気が合うのか、小学校国語、道徳、家庭科など
教科書関係の仕事も多い。最近では国語のデジタル教科書などの依頼も時代か。
日本の古くからある手仕事を行っている作家の元に取材に行き
イラストと文章で紹介する「手仕事巡り」を2年間、会報誌で連載。
南は福岡。北は秋田まで一人で訪れて取材。時刻表やグーグルマップなど
ウエブで調べることが出来る文明の利器に感謝。



着物に目覚め2004年から毎日着物で暮らすようになり、
身近に楽しめる着物の小物作りやちょっとしたアイデアなどを本にして紹介。
着物と暮らすはトイレの入り方まで図解して話題になる。
(知識ゼロからの着物と暮らす、知識ゼロからの着物と遊ぶ。共に幻冬舎)
2019年の今もそのライフスタイルは変わらず続いています。
着物でフランスやバリ島にも行きました。


そもそもは自分で使う刺繍の半衿がほしくて、
デザインを送りベトナムで手刺繍をしてもらったことがきっかけで、
刺繍を施した商品の製作&販売をウエブで行うようになり(和キッチュ/wakitsch)
後にデザインをパソコン上でステッチに変換出来るミシンに出会い、
自分で制作するようになったのが2014年。
偶然作ることになり、ミシン刺繍小物製作が本格的にスタート。(合同会社富士商会)←私一人が従業員です。

富士商会はwebで半衿をメインとした刺繍小物を販売していますが、
年に数回イベントに参加して、展示即売をしています。

続く。




Illustration File log