15回目を迎えたMAYA装画コンペ、作品募集中。


15回目を迎えたギャラリーハウスMAYAの「装画コンペ」が、参加作品を募集中。
同コンペは、好きな本を選んでそのブックカバーのためのイラストレーションを想定して描いた作品を応募するというもの。毎回、第一線で活躍する編集者、ブックデザイナーが審査を行ない、「応募者と仕事が最も近いコンペ」として定評がある。

maya_compe15

応募要項の概略は以下のとおり。

【テーマ】
好きな本の装画(ブックカバーのための「イラストレーション」)を自分のイメージで描く。
  ※作品中にタイトル、著者名などをデザインする必要はない。

【課題作品】
下記のいずれかを最低1冊入れて応募。
2点以上を応募する場合、他の出品作は好きな本をご自由に選ぶことができる。

*小説
「ハムレット」(シェイクスピア),「冷血」(カポーティ),「こころ」(夏目漱石),「舞姫」(森鴎外)
*児童文学・童話
「赤毛のアン」(モンゴメリ),「怪盗ルパン」(ルブラン),「マザーグース」(英米伝承童謡)
*時代小説
「柳橋物語」(山本周五郎),「むかしも今も」(山本周五郎),「上意討ち」(池波正太郎) 

【審査員】(敬称略)
●芥 陽子
ブックデザイナー。コズフィッシュ(祖父江慎主宰)を経て独立。「白ゆき姫殺人事件」(湊かなえ),「嵐のピクニック」(本谷有希子),「寄る年波には平泳ぎ」(群ようこ)など。

●緒方修一
新潮社装幀室を経て独立後、Laughinを設立。 装丁家。アートディレクター。手がけた近刊には、「流星ひとつ」(沢木耕太郎),「田園発 港行き自転車」(宮本輝),「ノボさん」(伊集院静)など。

●古閑里良
新潮社装幀室勤務。手がけたブックデザインに「冬眠する熊に添い寝してごらん」(古川日出男),「風が強く吹いている」(三浦しをん),「赤猫異聞」(浅田次郎/文庫版)など。

●大矢麻哉子
1987年ギャラリーハウスMAYAを設立、主宰。2001年より毎年「装画を描くコンペティション」を開催。

【賞】
グランプリ受賞者は、2016年2月ギャラリーハウスMAYAにて個展。
準グランプリ+審査員受賞者は、同時期MAYA2にてグループ展。

詳しくは、ギャラリーハウスMAYAのWebサイトで確認を。

昨年のグランプリ作品。装画/丸山一葉 ブックデザイン/二宮大輔

昨年のグランプリ作品。装画/丸山一葉 ブックデザイン/二宮大輔

 
お問合せは下記まで

ギャラリーハウスMAYA
〒107-0061 東京都港区北青山2-10-26
phone:03(3402)9849  fax:03(3423)8622
e-mail : galleryhousemaya@gmail.com
http://www.gallery-h-maya.com